top|委員長挨拶|電池討論会新電池構想部会共催事業協力・協賛事業役員入会案内リンクHighlights from PRiME2016更新履歴


ご挨拶



平成時代の約30年余、私たちを取り巻く機器は大きく変化しました。例えば、真空管からIC、そしてLSIへ、CRTから液晶、有機ELへ、固定電話から携帯電話、そしてスマートフォンへ、レコードからCD、そしてiPadへ、 VHSからDVD、そしてブルーレイディスクへ、電卓からEXCELへ等々、テクノロジーは、あらゆる分野において、アナログからデジタルへと完全に変貌しました。そのような量子力学をベースにした物理的デジタルデバイスの 性能はムーアの法則に従って指数関数的に進歩し、技術が加速度的に進歩しただけでなく、これらの普及速度も加速しています。固定電話が当たり前になり、携帯電話が普及するには12年、インターネットが広く普及するに は7年しかかかりませんでした。
一方、化学反応によって駆動されるデバイスは、原子からビットへのデジタル化によって性能を倍々ゲームで向上させることは叶いません。典型的なニッケル-カドミウム電池およびニッケル水素電池の性能の向上は、携帯 機器の軽量化および小型化のボトルネックでした。しかし、90年代以降、平成初期、日本生まれのリチウムイオン電池の登場により、携帯電話は急速に普及しました。そして今、令和の時代には、ハイスループット、5Gワイヤレス ネットワーク社会が到来しようとしています。その劇的な影響は今後私たちの社会のあらゆる分野で実感されることになるでしょう。さらに、充電式電池の主な出口は電気通信から輸送およびアンシラリー市場分野に拡大中です。結果と して、電池の優先順位は、より高いエネルギー密度からより高いコストパフォーマンスへとシフトしています。このような将来の社会ニーズを満たすために、レアメタルからレアメタルフリーへ、非水系から高濃度水溶液系へ、液体系か ら全固体電池システムへ、酸化物系から硫化物、フッ化物および水素化物系へ、インターカレーション反応からコンバージョン反応へと、ポストリチウムイオン電池に向けた新しい研究トレンドの波が学会を活性化させています。もちろん、 今後どのような電気化学エネルギーデバイスが将来の社会において主導的な役割を果たすかを予測することは容易ではありません。しかし、二次電池、コンデンサ、燃料電池などのエネルギー機器が玲和時代にますます重要な役割を果たすように なることは間違いありません。電池技術委員会が電気化学をベースにした将来のエネルギーデバイス革命のインキュベータとして重要な役割を担っていくことを願っています。

2019年5月1日、令和初日
電池技術委員会委員長 岡田重人

Over 3 decades in the Heisei era, the devices that surrounded us underwent major changes. Technology transformed completely from analog to digital in all walks of life. For example: from vacuum tubes to IC, and LSI; from CRTs to liquid crystals, and organic ELs, from fixed-line phones to mobile phones, and smartphones; from records to CDs, and iPads; from VHS to DVDs, and Blu-ray disks; from calculators to EXCEL and so-on. The performances of such physical digital devices have made exponential progress following Moore’s Law. Furthermore, not only have technologies advanced rapidly but also these spread speeds have accelerated. It took half a century for fixed-line phones to become commonplace, 12 years for mobile phones to proliferate, and only 7 years for the Internet to become ubiquitous. On the other hand, devices driven by chemical reactions cannot so easily improve performances through digitization from atoms to bits. The improvement in the performances of typical nickel-cadmium and nickel metal-hydride batteries had not kept pace with the weight reduction and downsizing of portable physical digital devices. The rechargeable battery was actually a bottleneck in the spread of Personal Digital Assistants. However, since the 90’s, the commercialization of lithium-ion batteries in the early Heisei era has enabled the rapid growth of the cellular phone industry. And now in the Reiwa era, a high-throughput, 5G wireless network society is coming; its drastic impact will be felt in all spheres of our society.
In addition, the main target of the rechargeable batteries are expanding from telecommunications to the transportations and ancillary services sectors. As a consequence, the priority of batteries is shifting from higher energy density to higher cost-performance. To satisfy such future needs, many new research trends in post-lithium ion battery research are taking shape: from rare metals to rare metals-free; from non-aqueous systems to highly concentrated aqueous solution systems; from liquid systems to all-solid-state battery systems; from oxide systems to sulfides, fluoride and hydrid systems; from insertion reaction chemistry to conversion reaction chemistry. Actually, it is not easy to predict what kind of electrochemical energy device will take the leading role in the future society from now on. However, there is no doubt that energy devices such as rechargeable batteries, capacitors, and fuel cells will play an increasingly important role in the Reiwa era. I hope that the committee of Battery Technology plays a important role as the incubator for the future energy devices based on the Electrochemistry.


Shigeto OKADA
Professor, Institute for Materials Chemistry and Enginieering, Kyushu University
Chairman, The committee of Battery Technology, The Electrochemical Society of Japan